これまでの仕事を棚卸しして、転職に自信を持とう

これまでの仕事を棚卸しして、転職に自信を持とう

 転職をしたくてたまらない方の中には、今の仕事が嫌で嫌でしょうがないという方も多いでしょう。毎朝、仕事をするために起きるのが苦痛でたまらないという人や、会社に行ったはいいけれど苦虫を噛み潰すかのような顔で業務に当たっている人も多いと思います。

 

 でも、その「今の仕事に対する負の気持ち」を持ったままで転職活動をすることは危険です。そんな気持ちで行った転職活動では、今以上のいい職場にはめぐり合うことができません。転職活動を成功させるためには、今まで行ってきた仕事の内容を整理して、自分がどのように接し成長してこられたのかを自覚する必要があります。

 

 あなたがやってきた仕事というものは、すなわち今のあなたに少しでも影響を与えたものです。あなた自身が嫌だと否定しても、あなた自身の歴史の一ページであるからには、それを肯定しないと始まらないのです。あなたが今の仕事を希望したのはどんな理由からだったでしょうか。どんなきっかけでこの仕事に興味をもちましたでしょうか。どうして今の仕事が嫌になったのでしょうか。いつから転職を考え始めたでしょうか。

 

 それらを書き出してみましょう。できれば紙にペンで書くとよいです。書き出したら一晩寝かせて冷静になってから改めて読み返してみましょう。そして付け加えたいことがあれば赤ペンで記入していきます。そしてまた一晩寝て、次の日はまた別色のペンで付け加えましょう。そうして納得のいく内容になったら、そのときにはもう自動?的にあなたが次に転職したい仕事や会社がぽっかりと心に浮かび上がっていることでしょう。